いぼ治療について

いぼ治療

 良性の“いぼ”であれば、あえて治療はしない…という選択肢もありますが、ウイルス性の“いぼ(尋常性疣贅など)”の中には、そのまま放置しておくと周囲の皮膚や他の部位に広がってしまうこともあるので、症状によっては“いぼ”取り治療を迫られるケース出てきます。
 現在、ウイルス性の“いぼ”に対する特効薬は、残念ながらありません。
そのため、“いぼ”の種類や発生した部位によって様々な治療法が試みられていますが、最もポピュラーで効果的な治療法のひとつと考えられているのが液体窒素を使った液体窒素療法です。

液体窒素による凍結療法とは?

 液体窒素療法とは、簡単に言ってしまえば「凍結」と「融解」を繰り返す治療法です。具体的には、マイナス196℃にも達する超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに冒されている患部を急激に冷やす(低温やけど)ことで皮ふ表面の異常組織を壊死させます。

すると、壊死した異常組織の下の皮ふが細胞分裂をはじめるため、新たな皮ふが再生してきます。このように、凍結と融解を繰り返すことで基底細胞(表皮の一番奥にある層)に感染しているウイルス(つまり“いぼ”の芯)を徐々に上へ押し上げ〝イボ〟の原因を絶つことから「凍結療法」とも呼ばれています。

一度で“いぼ”がすべてとれることはまれです。数回続ける必要があります。

凍結療法の利点、欠点

【利点】

  • 保険の適応です。
  • 治療が簡単で、何度でもくり返すことができます。
  • 小児でも治療できます。(暴れないようにする必要があります。)
  • 凍結により“いぼ”を含む組織を壊死させる直接的な効果とともに、“いぼ”のウイルスに対する免疫力を上げ患者さんの免疫力でイボを治療する間接的な効果も期待できます。

【欠点】

  • 治療中、治療後に激しい痛みがあります。
  • 液体窒素を押し当てる強さや時間によって効果に差が出ます。
  • 大きな水ぶくれができると、生活に支障を生じることがあります。
  • 強く治療しすぎると、瘢痕になる可能性があります。

▲このページの一番上へ