ペインクリニックについて

ペインクリニック内科

 ペインクリニックのペイン(Pain)とは痛みのことで、まつおファミリークリニックでは頭痛から腰痛まで様々な痛みを診断し治療します。

 痛みは通常けがや病気のサインであり、身体にとって必要なものですが、サインとしての役割を終えたあとも続く痛みは、身体と心にとって有害なものとなります。必要でない痛みを抱えたままでいると、「交感神経」という自律神経を介して患部の血行が悪くなり、痛みがさらに増すという「痛みの悪循環」を形成すると言われています。また身体の痛みは100%心にも影響を及ぼし、また社会的にも様々な制限を余儀なくされます。

 こういった痛みに対して神経ブロック治療をはじめとした様々な方法で痛みの治療をご提供いたします。
また各種様々な原因の痛みに対応した薬物療法も重要な治療法の一つです。一般的な消炎鎮痛薬のほかに抗不安薬や抗けいれん薬、抗不整脈薬などを組み合わせて、つらい痛みを和らげていきます。これらの薬剤は鎮痛薬ではないが鎮痛作用を発揮する薬剤で鎮痛補助薬と呼ばれます。しかし慢性疼痛の場合はこれらの薬物療法では効果の少ないことも多く漢方薬も多く併用しています。漢方薬には気、血、水の流れを改善する効果があり、他の薬剤では対応しきれない様々な痛みの原因を取り除く作用を持っています。
 これらの治療を用いても十分な鎮痛が得られない場合には麻薬性鎮痛薬と呼ばれる医療用麻薬を用いて痛みを取り除く方法もあります。

▲このページの一番上へ