内科 について

内科

 まつおファミリークリニックでは「かぜ」をはじめとした急性期疾患、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病の慢性疾患をフォローいたします。

 一般的には、血管は加齢とともにだんだん硬くなっていきますが、若い人の中にも血管が硬い、つまり血管年齢が高い人が少なくありません。日本の3大死因は『がん』『脳血管疾患』『心疾患』です。なかでも脳血管疾患と心疾患は、いずれも血管の壁が厚くなって弾力性が失われ、血管が劣化したり狭くなってしまう『動脈硬化』が原因なのです。動脈硬化の原因は生活習慣病などがあげられます。そのため血圧脈波(血管年齢)検査、いわゆる「血管年齢」を調べ生活習慣病のフォローをしております。
外科手術で治さなければならない病気に対しては、手術に至るまでの診断(術前診断)、手術後の治療、新しい生活習慣の指導(術後の長期観察・フォローアップ)は手術以上に大切な要因なのです。

 近年の急激な高齢化で、転倒・骨折がきっかけとなり、いわゆる「ねたきり」につながることが問題となっています。その原因として、骨粗鬆症があります。
 骨粗鬆症とは、「骨の密度や質が低下することで、骨が弱くなって骨折しやすくなった状態」をいいます。骨粗鬆症は予防が非常に大切であり治療の目的は骨折の予防となります。骨密度を測定し治療によって骨折を予防し、「生活の質」や「身体機能」を維持すること、すなわち後遺症としての「痛み」「障害」「ねたきり」を予防することです。生活習慣病である高血圧・糖尿病・脂質異常症などは、動脈硬化の進行により脳梗塞や心筋梗塞につながる危険がありますが、それまでは無症状です。同様に、骨粗鬆症も骨折するまで症状に出ないという点でも似たところがあります。

アレルギー疾患や過敏性腸症候群など治療に抵抗性のものは漢方薬診療も併せて行います。

主な診療疾患

かぜ、インフルエンザ、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、痛風、花粉症骨粗しょう症、頻尿、排尿時痛、膀胱炎、尿管結石、胃十二指腸潰瘍、胃・大腸ポリープ、急性・慢性胃炎、ピロリ菌感染胃炎の診断と除菌、腹痛・胸焼け・嘔気・嘔吐などの消化器症状、逆流性食道炎、機能性胃腸症、便秘・下痢などの便通異常、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、胃癌、大腸癌、その他の内臓疾患(肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など)、骨粗鬆症、慢性関節リウマチ

▲このページの一番上へ