日本医師会指定産業医について

日本医師会指定産業医

 産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を言います。産業医学の実践者として産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通し労働者の健康障害を予防するのみならず、心身の健康を保持増進することを目指した活動を遂行する任務があります。

産業医の具体的職務

  1. 健康診断の実施とその結果に基づく措置
  2. 作業環境の管理と改善
  3. 作業の管理
  4. 上記以外の健康管理に関すること
  5. 健康教育、健康相談
  6. 衛生教育
  7. 健康障害の原因調査、再発防止の措置
  8. 少なくとも月一回の職場巡視

 一方で産業医は、一般的にはあまり治療はしません。これは、保健所で働く医師や製薬会社で働く医師と同様です。医療機関の医師が診断書を書く際には患者さんの状態だけを考えますが、産業医が助言をする際には、職場環境の影響を加味したり、あるいは逆に患者さんが同僚や会社に対して与える影響なども考えます。また、うつ病など、判断時に主観に左右される部分が大きい疾患では、同じ医師でも立場が異なれば結論が異なる可能性があります。

 産業医は、医学の知識だけでは務まりません。「労務紛争に関する法制度」、「IT技術の進展にともなう仕事環境の変化」、「セクシャル/パワー・ハラスメントなど職場社会の問題」、「(海外駐在・出張が多い企業では)国内常識が通用しない健康対策」といった、一般臨床では必要ないテーマも対応する必要があります。

▲このページの一番上へ