在宅訪問診療

医師や看護師等が患者様のご自宅に訪問し、定期的かつ計画的な医療サービスをご提供します。通常の具合が悪くなったときにだけ来てもらう往診とは違い、通院が困難な方や介護が必要な方、退院後のケアが必要な方に対して、医師や看護師等が患者様のご自宅に訪問して定期的かつ計画的な医療サービスを提供するものです。

●在宅訪問診療でできること

・処方せん発行
・血液 / 尿 / 便の検査
・傷や床ずれの処置
・留置カテーテル管理
・在宅酸素療法
・在宅成分栄養経管栄養法 / 在宅中心静脈栄養法
・点滴注射
・各種診断書発行
・訪問看護指示書発行
・主治医意見書発行(介護保険申請用)
・居宅療養管理指導対応(介護保険)

通院が困難な患者様の事情を考慮して、など可能な医療は出来るだけ在宅のままで行うことを前提としています。

また病状によっては治療が望めない状況であっても、患者様が少しでも快適な治療生活が送れるようにケアを行います。さらに、最期をご自宅で迎えたいとご希望される場合にも、全力で支援させていただきます。

がんの痛みを緩和するなど終末期のケアを行います。痛みには、身体の苦痛と心の苦痛があります。これらの苦痛を軽減することで、生活の質(QOL)を高めることができます。

まつおファミリークリニックでは、終末期にある患者さまが、ご自宅で有意義な時間をたくさん過ごせられるよう在宅ホスピスを積極的に行っています。また、緩和ケア病棟にすぐ入れない場合に、待機の期間をご自宅で療養することをサポートいたします。

在宅で療養する高齢者の管理を行うために、原則月2回の訪問診療を行います。それ以外に、重症者の方には複数回、臨時で訪問診療が必要な方は、定期の訪問以外に予定を組み、訪問診療に伺います。

 

●事前にご用意いただくもの

訪問診療予定患者様の下記の書類をご用意いただきます。
・診療情報提供書(前医からの紹介状)
・各種保険証(介護認定を受けている患者様は介護保険証もご持参下さい)

●医療費の患者様負担について

在宅訪問の医療費は、医療保険により診療単価が細かく決められておりますので、それに沿って算定いたします。また、在宅医療管理全般を1ヶ月単位で算定する規定もあり、正確な医療費は翌月10日頃にならないと確定しませんのでご了承ください。

●容態が変化したときの相談と臨時の訪問

慢性的な症状への対処、軽い症状の変化や生活上の相談などは、定期の訪問診療にお伺いしたときにお知らせください。 急な発熱や痛みなど急を要する症状の変化につきましては電話にてご連絡ください(24時間365日対応しております)。その都度の判断により臨時の緊急往診や処方など症状に合わせて迅速に対応させていただきます。

まつおファミリークリニックは現在、在宅療養支援診療所の指定をいただき、緊急時に入院できる体制(連携保険医療機関は滋賀県立成人病センター)をとっております。

また近江八幡総合医療センターには開放型病床登録医として登録しております。

●訪問日について

毎月の訪問スケジュールは、前月の末日までにはご連絡させて頂きます。尚、予定日の都合が悪くなった場合には、あらかじめご連絡ください。都合の良い日に変更して、ご訪問させていただきます。また、当日の診療状況によってはお伺いする日を変更させていただく場合もございます。その際は、ご連絡させて頂きますので、あらかじめご了承ください。

●その他

上記以外にも、在宅での療養や医療についてのご相談、ご要望がございましたらご遠慮なくお申し出ください。また、まつおファミリークリニックでは有料老人ホーム等への定期訪問も行っておりますのでご相談ください。

▲このページの一番上へ