内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)

麻酔を使用した苦痛の少ない検査で行っています。
実際はウトウトするぐらいの軽い鎮静剤の量ですが、ほとんどの方が検査中の事をあまり覚えていないか、なんとなくの記憶がある程度だったとおっしゃりま す。検査後に声を掛けると、「もう検査終わったの?」や「今から検査?」や「こんな苦しくない検査は初めてです」という声を耳にします。

「ゲーゲーなるような苦しい内視鏡検査は検査ではない」のポリシーのもと多くの工夫を施しながら「楽で、苦痛のない内視鏡検査」に徹底的にこだわっております。

 

大腸内視鏡検査後のお腹の張りをなくすために
「炭酸ガス送気システム」を導入しています

通常の大腸内視鏡検査では”空気”を入れて大腸を膨らませて観察を行いますが、”空気”は非常に吸収されにくく、検査後にお腹の張りを訴える方が多くいま す。まつおファミリークリニックでは、がんセンターでも導入している、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用した”炭酸ガス送気システム”を取り 入れ、検査後のお腹の張りをなくす工夫をしております。

 

オリンパスLUCERA システム

オリンパスLUCERA システム

 

 

 

 

▲このページの一番上へ